海外サッカー スタジアム

スタジアム

海外のサッカースタジアムは日本のスタジアムと比べると、様々な面で先に進んでいます。とくにヨーロッパのサッカースタジアムは、規模や機能において先進的な環境となっているので、学ぶべき点が多いです。海外のサッカーの競技場でとくに優れている点は、ピッチとの距離を含めた試合の見やすさがあります。ヨーロッパの競技場はピッチとの距離が極めて近くて、高さもほぼ同じなので臨場感を味わうことができます。

また高いところにある席に関しては、傾斜が急になっていて、ピッチをきちんと見渡せるように設計されています。そのためどの席において観戦しても、満足度が高くプレーの一つ一つを批評できる環境になっています。また海外の競技場の優れているポイントしては、通いやすい立地条件とスムーズに帰宅できるように動線がきちんと管理されている点が挙げられます。

そのようなホスピタリティが極めて高いことでヨーロッパのサッカーは観客動員数がとても多い状況が続いていて、Jリーグの2倍の観客数を誇るリーグも存在しています。結果的に収益なども増収増益を続けていて、経済規模が大きくなってきています。Jリーグも徐々に球技場の整備が始まっていて、続々と新しい球技場が建設されています。