海外サッカー ロマン

ロマン

サッカーではゴールが決まると選手が興奮して、チームメイトと抱き合ったり、サポーターの前でガッツポーズをしたり、踊ったり、中には前転をしたり、その他にも様々なパフォーマンスをする選手達がいます。そんなゴールを決めた後のパフォーマンスにて、「結婚指輪にキスをする」といったことで有名になった選手がいました。元スペイン代表キャプテンのラウール・ゴンサレス選手です。日本でも有名なレアル・マドリード(スペイン)に所属し、リーガ・エスパニョーラやUEFAチャンピオンズリーグにて得点王を獲得したこともあり、世界中でも有名になったサッカー選手です。この指輪へキスというパフォーマンスは愛する奥さんや子供達へ向けたものであり、真似をしたい選手も多くいたとのことです。

しかし、2005年よりピッチ上で貴金属類をつけることが禁止となり、彼の家族へ向けての愛情パフォーマンスが見られなくなり、寂しい気持ちになったファンも多かったようです。

このように海外サッカーの元スター選手、ラウール・ゴンサレスのパフォーマンスは過去のものとしてスペイン・マドリードをはじめとする多くのファンの方々が懐かしく思い出せる元ロマンとなりました。