海外サッカー 環境

環境

昨今、日本人選手も海外のサッカーチームに身を置くということが珍しいことではなくなっています。中には10代の頃から海外サッカーチームの育成クラブに入って、その環境でプレーをする選手もでてきているほどです。

しかし、日本にもJリーグがあり、若い世代を育てるJリーグチームの下部組織であるユースクラブもあるというのに、なぜ外国を選ぶ人が多いのかという疑問を抱く方もいるはずです。その疑問の答えは、海外と日本のサッカーを取り巻く環境にあります。Jリーグ発足以前から、サッカーの本場であるイングランドやスペイン、ドイツ、イタリアにはそれぞれ欧州リーグがあり、世界中からトッププレイヤーが集まっています。

そのため、シーズンを通じて高い環境で試合を行うことができるだけではなく、練習の中での競争も厳しく、日本人選手に欠けがちな闘争心や強いメンタルなどを鍛えることができるのです。またこうしたレベルの高いリーグに身を置いて、トッププレイヤーたちと実際に戦うことで、今後の日本サッカーの実力を向上させることも望めるのです。このようなことから、昨今は最初からJリーグを目指す選手よりも欧州リーグやその他の海外リーグを目指す選手が増えているのです。

海外サッカー 比較

比較

日本においてはプロサッカーリーグであるJリーグが開設されてようやく20年以上が経過しました。時間の経過と共にプロリーグとしてのシステムが構築されていき、クラブ数も初期の頃と比べて5倍以上にもなりました。

近年においては日本もワールドカップの本戦へ毎回のように進むことができており、日本の中でもサッカーは非常に人気のあるスポーツになっています。競技人口も増えていますが、観戦を楽しむファン層も増えている現状があります。日本のJリーグは私たちにとって身近な存在でありますが、最近は日本人選手が世界中のプロリーグで活躍する機会も増えており、海外のプロリーグも非常に人気が高くなっています。

それでは、日本と海外のサッカーを比較してみるとどのような点に違いがあるのでしょうか。世界中に数多くのプロリーグがありますが、その規模もレベルも幅広い違いがあります。日本でもメジャーなリーグはその中でも一流のプロリーグと呼ばれているものが主流になります。

海外と日本との大きな違いは、やはりそのスピードや技術面であると言えます。細かくみていくと、パスの精度やドリブルのスピードと正確性、トラップの技術やシュート・センタリングの精度など数え上げればきりがありません。フィジカルの差が影響する部分はありますが、まだまだ日本の技術やスピードは、世界レベルに比べると低いと言わざるを得ませんまた、チームとしての戦術をいかに具現化できるかは重要なポイントになりますが、その精度やその状況に合わせた瞬時の判断力も必要になります。その観点においても海外サッカーは高いレベルを誇っており、観戦する時にも魅力あるプレイを見ることができます。