海外サッカー 魅力

魅力

放送技術が進歩し、多チャンネル時代を迎えた現在、海外のサッカーの試合はテレビで容易に見ることができるようになっています。サッカーは日本でもリーグ戦が行なわれていますが、それにもかかわらず日本の試合には興味を示さず、海外の試合のみを観戦している人は少なくありません。

海外サッカーの最大の魅力は、なんといってもスター選手のプレーを見られることです。今日では、優れた技術を持つ選手の大半はヨーロッパのクラブチームに在籍しており、他のチームメイトと切磋琢磨しながらリーグ戦の制覇を目指しています。スピード感、パワフルさ、鋭さなど、プレーの質はすべてにおいて日本の試合とは段違いです。

また、プロスポーツはシーズンオフの期間になると話題が少なくなることが多いですが、海外サッカーはシーズンが終わると有力選手の移籍の動向がメディアを賑わせます。スター選手の移籍に伴って動くお金は日本の場合とは1桁分は多く、これが成長中の若い選手にとっては大きなモチベーションになります。

近年は、外国のクラブでプレーする日本人選手も多くなっており、テレビを通じて彼らのプレーを見ることができるのも国外のサッカーの魅力の一つといえるでしょう。

【おすすめ】サッカー 日本人向けブックメーカー 入門

ロングシュート

海外サッカー スタイル

スタイル

海外サッカーファンの間で度々交わされる、各国のリーグのプレイスタイル。自分の好みがあり、好きなサッカーがあるのは当然です。ヨーロッパがサッカークラブの主流であることは間違いありません。そこで主要4大リーグのスタイルをご紹介します。まずはスペインのリーガ・エスパニョ-ラはどちらかと言うと、細かいパスやMFが前線にパスを流し、ゴールを奪うスタイルです。バルセロナのサッカーが代表です。

小さなエリアでも細かく足もとで器用につなぎフィニッシュという流れです。ドイツのブンデスリーガは個人の力が大きく試合結果に出やすい印象です。バイエルンやドルトムントは常に同じ人がゴール得点ランキングを占めてるのが特徴です。イングランドのプレミアリーグは強いタックルやフィジカル勝負が特徴で非常に激しいサッカーが特徴です。これは下位チームにいけばいくほど激しくなる印象です。日本人選手も活躍してますが、頻繁にケガをしてしまいます。

とても力技が多いリーグです。イタリアのセリエAは非常に守備的な印象です。ディフェンダーの能力が高く、資金力のあるチームがセリエAから引き抜くことも毎年の恒例です。各国のプレイスは時代によって多少の変化はありますが、基本的な部分は変わりません。又、監督によって全く違う戦術になるのも面白いです。

ダッシュ

経験不足のサッカー男子代表

リフティング

地球上でNO1スポーツはサッカーで間違いありません。2位に大差を付けての人気スポーツです。

桁外れの競技人口でプロチームも多く、サッカー男子日本代表チームが国際試合で簡単に勝利を手にする事は難しい状況です。

特にホームゲームでなくアウエイゲームの場合は時差、気候、サポーターの熱狂的な応援等により苦戦し、最悪敗戦に至るケースもあるのです。近年サッカー協会は日本代表やU-20代表チームを積極的に海外で試合をさせて経験を積ませています。

この条件下で相手国の代表チームと戦う事は正しくいい勉強、いい教訓になり、ましてや勝利を勝ち取ると成れば大成功の遠征になります。選手達を含めて、監督、コーチも相手国の代表チームの実力やスタンドの雰囲気を肌で感じる事は今後の為に大きな財産になります。この様な経験を沢山積む事によって場馴れして勝利する方法を覚えていくのです。

海外組が増えた日本代表ですが、経験値はW杯常連のサッカー大国と比較すると、圧倒的に不足しているでしょう。

サッカー